MVNOが提供

スマートフォン

テレビや雑誌などで取り上げられることが多く、最近よく目にするのが、格安SIMというキーワードです。スマートフォンを使用している人にとっては、とても身近な言葉です。しかし、専門的な知識も多少必要になってくるので、格安SIMを理解していない人も多いです。格安SIMを理解すれば、今までよりもお得にスマートフォンを使用することができるでしょう。格安SIMとは、名前の通り格安で提供しているSIMカードのことを指します。大手通信キャリアのSIMカードよりも、安く提供されています。提供しているのは、MVNOという事業者です。スマートフォンの普及に伴い、格安SIMが販売されることも多くなり、家電量販店などではよく目にするようになっています。

大手通信キャリアの場合、名前や存在をよく知っているので、安心感があります。しかし、MVNOという名前はあまり機器馴染みがありません。MVNOとは、仮想移動体通信事業者のことです。詳しく理解するのも良いのですが、格安SIMを利用する場合は格安SIMを販売している事業者ということを理解していれば大丈夫です。MVNOは、独自で回線を提供しているのではなく、大手通信キャリアから回線をまとめて借りて、その回線を小口に分けてユーザーに格安で提供しています。

MVNOについて知ると、疑問に思うことがあります。それは、なぜ安い価格でユーザーに提供できるのか、ということです。その理由は、回線をまとめて借りることでコスト削減することができ、データの通信料や通信速度を制限しているからです。大手通信キャリアの場合、多くの顧客と契約するために、CMをしたり、雑誌を配ったりなど様々な広告を行い、多くの店舗を構えて、多くの従業員を雇っています。そのため、多くの顧客を獲得しているのですが、その分コストも多くなっています。それに対して、MVNOの場合は、大手通信キャリアのように、大々的に広告をしているわけでもないですし、多くの店舗があるわけでもありません。そのため、様々な部分でコスト削減を可能にしていて、SIMカードを格安で提供できているのです。